読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「カメラマン」のモラル

カメラを持つと人格が変わる?? そんなことはないでしょう

姑息な低俗カメラマン

撮影会においては

いわゆる「新人モデル」を狙って

姑息で邪なアプローチをするカメラマンが絶えない。

 

撮影以外の飲食の誘い

撮影時にモデルに触る

モデルの嫌がることを平気でする。

 

枚挙にいとまがない。

 

このような姑息で低俗なカメラマンは

しかしながらそれはモデルに対してだけであるwww

 

他のカメラマンには、そのような態度は決して取らない。

男性相手では太刀打ちできぬとわかっているのだw

おまけに小心者である。口先だけwww

 

抗えぬモデルに対してのみ

高圧的な態度を取り、屈服を迫る。

犯罪スレスレである。

 

彼らのせいで、撮影会が低俗なものになりはて

そこで生成された写真は低俗な写真となる。

 

この姑息で低俗なカメラマンは

モデルのみならず、まっとうなカメラマンの趣味さえ

低俗なものにしてしまう。

 

断じてその存在は許す訳にはいかない。

野放しには出来ないのだ。

 

カメラという素晴らしい趣味を

もっと素晴らしいものにするためには

闘うことが必要なのだ。

 

姑息で低俗なカメラマンは

誰がなんと言おうが容赦なく駆除すべきなのだ。

 

公開処刑

下手なカメラマンが

下手と自覚せずにUPするその写真によって

傷つくモデルがいるw

 

もっとカワイイはずのそのモデルを

酷い出来のままUP

まさに公開処刑である。

 

下手なカメラマンであっても顧客は顧客

モデルや撮影会はその写真をとにかく褒める。

 

しかし、しかしだ。

その褒め方から真意を察することは

おそらくは容易い。

 

本当に褒められているのか違うのか

その見分けのつかぬものに美しい写真など決して撮れない。

 

写真とは自己否定の繰り返しである。そう信じて疑わない。

下手なカメラマンほど、自己否定をしない。

上手くなるどころかどんどん下手にさえなる。

 

このたぐいのカメラマンは厄介である。

筆者はそう思っていたがどうやら違うようだ。

 

「下手なカメラマンにまともなやつは存在しない」

 

こと、人物撮影に於いては

上記のことが言えると確信した。

 

下手なやつに下手といえる

そういう健全な環境すらない撮影会界隈に

浄化など不可能である。

 

低俗なカメラマンを排除する手段

今まで書いてきたように

撮影会に多く存在する「低俗なカメラマンたち」

 

モデルにつきまとい

無理難題を要求し

聞き入れられないと逆ギレ

他のカメラマンに指摘されたり注意されると逆ギレ

ネット上でストーカー状態

エスカレートすると、裏アカウントで営業妨害

などなど

 

そのようなカメラマンを排除しない限り

撮影会は近い将来卑猥な肥溜めになる。

 

それを排除したいと思うカメラマンは

少なくない

 

が、排除する手段を持たない。

 

唯一その手段を持ちうるのは

モデルなのだ。

 

モデルはカメラマンに過剰なまでに平等である

しかし、その平等さが、低俗なカメラマンの増長を招いている。

 

モデルはカメラマンに対して、カメラの前では平等であるべきだが

こと、Twitterなどネット上においては、平等であってはならない。

 

不平等な扱いを感じた彼らは

怒りに任せて嫌がらせをすることもあるだろうが

怯んだら負けである。良質なカメラマンを失う。

 

嫌がらせをされたら晒せばよいのだ。

いやしくも彼らとて、本名晒して訴訟などするはずもない。

ましてや、弁護士がそんな訴訟を受けるはずもないww

 

撮影会を卑猥な肥溜めにしてはならない。

今はその一歩手前である。

 

モデル各氏の勇気に期待する。

モデルの功罪

前回のエントリーでも書いた

「お写真素敵です」的な営業ツイートによって

腕はともかく人間的におかしなカメラマンが

自分の写真と、こともあろうに自分の人間性まで肯定されたと錯覚し

ツイッター上で痛い発言を繰り返している。

 

中には、他のカメラマンに対する暴言を

堂々と書き連ねる精神病のようなカメラマンすら存在する。

 

「お写真素敵です」はそれらを「良きもの」として

肯定してしまう力を持つ。

 

普通の、ごく普通のカメラマンであれば

こうはならないのだが、彼らは違う。

 

そして、自分が認められるその場所に

異様に執着する。

 

他のカメラマンや他のモデルの悪口は平気で書き連ねるくせに

同じ言葉が自分に向けられると、強烈に反発し攻撃し返すw

 

子供である。

ただの子供ではない

周囲に害悪を及ぼす、たちの悪い子供である。

しかも本人は大人と信じて疑わない、大真面目である。

 

前回も書いたように、こういうカメラマンが増えると

まともなカメラマンは撮影会に足を向けなくなる。

今、現在でも、撮影会に集うカメラマンの半分以上は

この「子供たち」であると言っても過言ではない。

 

彼らがカメラマンの多くを占めるようになると

撮影会モデルのなり手がいなくなる。

結果、撮影会の存在そのものが、危うくなる。

 

「お写真素敵です」の意味を正しく理解できない「子供たち」に

その言葉をかけるべきではない。

それはモデルにとって間違いなく、自業自得の結果を招く。

 

モデルの功罪は、たしかに存在する。

だからそういうモデルは、絶対に撮りたくないのだ。

知性と理性

40過ぎたいい大人の男性であれば

その両面を持ち合わせているはずのもの

知性と理性

 

「お写真素敵です」

「○△さんの作品さすがです」

などと、モデルにチヤホヤされただけで

上手いと勘違いしてのぼせ上がる

およそ形容し難いヘドロのような中年

 

知性もなければ理性もない

モデルのその言葉をただ鵜呑みにし

その他の意見を封殺せんとするその理性ww

 

他のカメラマンが同じセリフでチヤホヤされても

自分にかけられた同じセリフは、自分に対する特別なものと理解する

その知性ww

 

はたから見ているまっとうなカメラマンは冷ややかな目線で見ているが

彼ら勘違いヘドロ中年はそんな冷たい目線もお構い無しで暴走w

撮影会をついには占拠してしまうww

 

まっとうなカメラマンほどバカバカしくなり

早々に撤収する。当たり前である、あんなヘドロと一緒にされては堪ったものではない。

 

結果、撮影会に良質なカメラマンは残らなくなる。

そうすると、誰もモデルになりたがらなくなるw

 

「お写真素敵です」もいいが、素敵でも何でもない「お写真」とやらを

やたらと褒め称えると、撮影会はやがて消滅する。

 

そんなこともわからず、ただひたすらに

自分の娘ほどの女の尻をよだれを垂らしながら必死で追いかける

気持ち悪いカメラマンには、遠慮なくご退場願いたいものだ。

 

だが現状は、そんなことは無理に等しい

なぜなら「お写真素敵です」という言葉が

消えて無くなることはないからだ。

 

非常に残念なことである。

撮影会はキャバクラではない

耳の痛い諸氏も多いことだろう

 

撮影会・・・

自慢のカメラを持参し

うら若きモデルの女性を小一時間専有し

「原則として」写真を撮る。

 

ところが

その中に、「腕の全く伴わない」カメラマンがいる。

 

誰の目にも、どうしようもなく「下手」なのだ。

 

しかしながら彼は

これ見よがしにその「下手な写真」をツイートし

そして被写体のモデルは決まって

「素敵に撮っていただいてありがとう」と営業トークを繰り出す。

 

このやり取りからは何も生まれない。

しかし、彼は繰り返し「撮影会」に参加する。

 

何度参加しても腕は上達しない。

 

モデルさんの中には

「写真を一枚も撮らないで、おしゃべり目的のカメラマンもいますよ」と

訴えてくる子もいる。

 

ある一定のレベル以上の写真を撮れないのであれば

撮影会には参加すべきではない。

 

多くのカメラマンが、迷惑している。

 

彼らが「撮影会」を

「モデル」という職業を

「いかがわしい」ものにしている元凶なのだ。

 

遠慮なく、ご退場願いたい。

早速

早速一騒動あった。

 

あるカメラマンが掲載した写真に

被写体のモデルから「削除して欲しい」との申し出があったという。

 

件の写真は筆者も拝見したが

ソファに横たわっているポーズで

スカートの中が見えていた。

下着までは写っていなかったが

かなり奥の方まで見えており

「コレ掲載しちゃまずいだろ」と

感じたのを記憶している。

 

当のカメラマンは納得がいかない様子で

その件についてツイートしているが

私に言わせれば、当然の帰結だ。

 

掲載の判断が出来ないようなら

今すぐカメラを置くべきなのに

「撮影会への参加を半減する」と・・・

 

半減では意味がない

アナタは事の本質をまるでわかっていない。

スカートの中が写った写真を

自分の判断で掲載し、消せと言われたのだから

その判断がカメラマンとして間違っていたと

素直に認めるべきなのだ。

 

百歩譲って掲載する前に

モデルに確認しておけばよかったではないか。

 

これがカメラマンのモラルなのだ。

あまりにレベルが低すぎて

言及する気にもなれないが

触れない訳にはいかないのだ。

 

彼以外のまともなカメラマンのためにも

触れない訳にはいかないのだ。