「カメラマン」のモラル

カメラを持つと人格が変わる?? そんなことはないでしょう

叩いているのは誰だ

誰であろう

そんなことは簡単なことだ

 

「出禁」にして解決したはずが

出禁にした側の問題を指摘する書き込みがあったことから

その書き込みは「出禁」にされた側が書き込んでいるのだと

「決め込み」「精神病」呼ばわりして執拗に叩いていた。

 

その光景は異様に満ちあふれていた

まさに「異様」だった。

 

一体ここまで、猛り狂ったように執拗に叩いたのは誰で

そしてなぜなのか・・・

 

ある考察をしてみよう。

 

「出禁」になった側(以下K氏)

K氏の利害関係者を考えてみよう。

・撮影会主催

・モデル(在籍の有無ではなく、撮影関係の有無)

・相手方(豚アイコン)

 

これだけであるw

 

利害関係のない第三者も面白がって叩くだろうが

あそこまで執拗には叩かないだろう。

実際、冷静にフラットな判断をしている書き込みも複数あった。

 

となると、叩いているのは利害関係者の中の誰かと考えるのが自然だ。

 

・撮影会主催・・・出禁にしたことをK氏に暴露されたが

それを持って叩いてしまえば疑惑の目がまっさきに自分に向く

沈黙するのが普通だろう。

 

・モデル・・・後述する

 

・豚アイコン・・・騒動の渦中にアイコンを変えた。こんなことをすれば、疑惑の目が自分に向くことは百も承知だろう。それによって誰かを守っていると考えるのが自然だ。

 

ネットで叩き行為をするのは、何も男性に限ったことではない。

ここまでヒステリックに、まるで女性のヒステリーのように・・・

そう、そこでピンとくるはずだ。

 

終わりにするなら終わりにすればいい

だがそれは、表向き問題の収束を図りながら

実は壮大な疑惑を残す行為でもあることを自覚する必要があるだろう。

 

K氏のしたことは確かに褒められるべきではなく、出禁処分も致し方ないものではある。

しかしながら、その利害関係者による叩き行為は、それ以上に許されざる行為である。

人間以下の所業だ。

太客不問のジレンマ

この界隈にはマイナスな話題が絶えない

 

ある撮影会において

いわゆる「太客」とされるカメラマンが複数回に渡り

自家用車を撮影スペースに持ち込み

自作ナンバープレート(モデル名記載)を装着し

当該モデルを撮影した。

 

まず、これを不問にした撮影会主催は言語道断である。

これはもはや「撮影会」ではない、単なる場所貸しである。

自身を「撮影会」と称するのであれば、いくら太客の行為と言っても

諌めるべきなのだ。

 

そして、この行動について、ツイッター上で堂々と指摘したものがいた。

裏垢での指摘でも攻撃でもなく、自身の本垢で堂々と、だ。

 

しかし、主催は、彼の行為を「他のカメラマンへの攻撃」とみなし

こともあろうに「出禁」処分を下し、問題の収束を図った。

 

あまりにも一方的な処分ではないだろうか。

これが、自身を「撮影会」と称する組織の判断なのか?

呆れてものも言えない。

 

太客の常識はずれの行動は今に始まったことではない。

撮影会を私物化し、一日に何枠も予約し、その枠内で遠方に遠征して帰ってくる

そういうカメラマンも実際には存在した。

 

太客の行動を不問にしてしまうと、それ以外の一般客は

参加することそのものがバカバカしくなり、その撮影会への参加を見合わせることにつながる。

 

結果、太客が残ることになるわけだが、人数も少なくまた比較的横柄で

偏ったモデルを撮影するため、枠が埋まらないモデルはやめてしまう。

結果、撮影会の体をなすことが困難になり、撮影会の壊滅を導く。

 

「撮影会」を称して数年の業界の雄が

こういうことすら認識できないという事実が露呈したわけだ。

 

カメラマン同士のトラブルを収めることすら出来ない

太客不問の姿勢は、自身の崩壊を招くのだ。

そしてそれは、やがて業界の壊滅を導く。

 

カメラ、写真に対しての

これ以上ない、冒涜行為だ。

 

断じて許してはならない。

断じてだ。

 

 

モデルの言動

被写体であることを仕事とする

モデル

正確に言うなら「ポートレートモデル」

 

彼女たちの悩みは尽きないのだろう

出演する「撮影会」には、まともな客は来ない

腕があり、まっとうな言動のカメラマンを

彼女たちは、なんとか囲い込もうと必死だ

 

しかし、カメラマンの中に

モデルと適度な距離感を保持できるものは

おそらく皆無なのだろう

 

モデルは、所詮「追われる存在」なのであろう

 

囲い込んだカメラマンに対して

会話することそのものを

金銭化しようとする

そんな言動が目についた

 

カメラマンは、そのような存在でしかないのだ

モデルにそう言わしめているのはカメラマンだ

もっとはっきり言えば

カメラマンたちが情けないから

モデルがこうも調子づくのだw

 

行くところまで行き着いた

会話そのものが有料な世界に

何を理由にとどまるのか

そのシャッターに聞いてみろジジイども!

 

それでも男かと

本当に情けない限りである

 

この界隈の浄化はもう無理だ

撮り鉄界隈以下の下劣な存在で有り続けることはもう間違いない

 

ポートレート写真展なるもの

○○展・・・と題する

ポートレートのみを題材とした写真展がある。

 

あるカメラマンが、わざわざ足を運び

しかしそこで感じた違和感を後々ツイートした。

 

すると、その展示会に展示しているカメラマン

賛同しているが展示していないカメラマン

モデル・・・etc

 

異を唱えるカメラマンを寄ってたかって潰しにかかっている。

 

自分たちの展示会に足を運び

楽しみに見していた展示会で感じた違和感をツイートしたところで

何を怒り狂って潰しにかかるのか。

 

およそ彼らは、

自分たちの承認欲求を否定する存在に対して

断じて許さないという姿勢を全面に出す。

 

YESと唱えるものしか受け付けないのだ。

 

それが一体何になる?

自分たちを否定するものは一切排除

手段は問わない脅迫まがいの言動ですら厭わない。

 

そんな者共が撮る写真に

一体何が写り

そして、その写真に一体以下ほどの価値がある?

 

ポートレート写真展に参加するカメラマンは

例外なく全員この類だと言い切ってもいい。

そんな者共に写真を語る資格はない

シャッターを切る資格もない

ひいては、カメラを持つ資格すらないのだ。

 

小学生の学芸会以下のこの類の集団は

言うまでもなく、諸悪の根源だ。

問答無用で排除されるべきは

言うまでもなく、彼らだ。

 

エセモデル

モデルが全てにおいて正義であって

その発言は全て正しいかというと

残念ながらそうではない。

 

前述しているようなトチ狂ったおっさんカメコの存在が

ときにモデルを「エセモデル」化する。

結論から言うとそれは

カメラマンが舐められているという

確固たる証拠だ。

 

セクハラを行うようなカメラマンがいる

その言動が攻撃的であって

SNS上で目に余るカメラマンが存在したとしても

金払いさえ良ければ彼女たちは決して彼を叩かない。

 

他のカメラマンがそれを指摘し

件のカメラマンを排除しにかかったとしても

彼女は、セクハラ金持ちカメコを守るのだ。

 

言語道断である。

 

そのモデルは、とある撮影会の主催であったこともある

その界隈(笑)ではある程度(笑)名の通った(笑)モデル(笑)だ

 

何を守るべきなのかわかっていても

確信犯的にそれを行わず

守るべきでないものを守ろうとする行動は

決して許されるものではない。

 

一次的には、彼女は排除されるべき存在である。

 

しかしながら、彼女がそうである事が可能なのは

他ならぬカメラマンが舐められているからだ。

 

もうこの界隈に関わることはやめたいと思う。

 

やめたとしても

カメラを冒涜するものは許さない

写真を冒涜するものは、決して許さない。

 

行動は、辞めることはない。

貴様らは断じて、許すことはできないのだ。

カメラを餌に

ポートレートを撮るほとんどのカメラマン

ただカメラを餌に

カメラを持っているから

それを盾にとり

若い女性「モデル」と、ひとときを共にする

 

シャッターなど切らなくても良い

写真などどうでも良い

その子と一緒にいられれば

仲良く慣れれば

出来るなら誰よりも・・・

 

アホか?

かたや20代

かたや40代から50代、下手すると年金受給者www

 

カメラを趣味とする中高年が

ほぼ全てこのような輩かと思われますので

辞めてもらいたいんですよねこういうこと

 

カメラを餌に

ちょこちょこっと撮影してアフターwww

ディズニーに連れ出し「ディズニーポトレ」などと称して

単なるデートwww

 

カメラを餌にするエセカメラマンは全員退場しろ

お前らに居場所はない

節操のないカメラマンども

○▲交流会・・・笑

 

そんなにモデルと交流したいか?

 

カメラと金を餌に・・・

 

また、それに群がるモデル・・・w

 

営業、接待、金は出るのだから悪くない

愛想を振りまいとけばお客は増えるかも・・・

 

金を餌に金を武器に

写真などどうでも良いが

若い女性とあくまで「カメラ」でつながることができる

一見、クリーンな催し物(笑)

 

はっきり言わせていただくがゲスの極みである。

ポートレートカメラマンの質はここまで落ちたのか。

 

もはやこの先は地獄あるのみである。

 

そのへんのグループ展や交流会の目的は

見る限り写真などではない。

 

それを良しとしてしまう今のポトレ界隈は

まさに肥溜めそのものである。

 

節操のないカメラマンと

金しか見えないモデル達

 

貴様らの罪は重い。