読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「カメラマン」のモラル

カメラを持つと人格が変わる?? そんなことはないでしょう

モデルの功罪

前回のエントリーでも書いた

「お写真素敵です」的な営業ツイートによって

腕はともかく人間的におかしなカメラマンが

自分の写真と、こともあろうに自分の人間性まで肯定されたと錯覚し

ツイッター上で痛い発言を繰り返している。

 

中には、他のカメラマンに対する暴言を

堂々と書き連ねる精神病のようなカメラマンすら存在する。

 

「お写真素敵です」はそれらを「良きもの」として

肯定してしまう力を持つ。

 

普通の、ごく普通のカメラマンであれば

こうはならないのだが、彼らは違う。

 

そして、自分が認められるその場所に

異様に執着する。

 

他のカメラマンや他のモデルの悪口は平気で書き連ねるくせに

同じ言葉が自分に向けられると、強烈に反発し攻撃し返すw

 

子供である。

ただの子供ではない

周囲に害悪を及ぼす、たちの悪い子供である。

しかも本人は大人と信じて疑わない、大真面目である。

 

前回も書いたように、こういうカメラマンが増えると

まともなカメラマンは撮影会に足を向けなくなる。

今、現在でも、撮影会に集うカメラマンの半分以上は

この「子供たち」であると言っても過言ではない。

 

彼らがカメラマンの多くを占めるようになると

撮影会モデルのなり手がいなくなる。

結果、撮影会の存在そのものが、危うくなる。

 

「お写真素敵です」の意味を正しく理解できない「子供たち」に

その言葉をかけるべきではない。

それはモデルにとって間違いなく、自業自得の結果を招く。

 

モデルの功罪は、たしかに存在する。

だからそういうモデルは、絶対に撮りたくないのだ。